KARITOKE(カリトケ)はレンタル?それともサブスクリプション?

高級時計を気軽な値段で借りる事ができるということで、話題のKARITOKE(カリトケ)ですが、「時計レンタル」と紹介されることも、「時計サブスクリプション」と紹介されることもあり、

「一体どちらが本当なの?」

と迷う事もあるんですよね。

なので、この記事では、KARITOKE(カリトケ)のサービス内容としてよく紹介される、レンタル、サブスクリプションに加え、貸し出しサービスでよく使われる「リース」を加えた、

  • レンタル
  • サブスクリプション
  • リース

の3つの用語の解説をするとともに、KARITOKE(カリトケ)のサービスは、一体どれに当てはまるのかを解説してきたいと思います。

カリトケ君

今回の記事は、一体誰得なんだ?

レンタルとは?

最近は、レンタル彼女、レンタルなんもしない人(@morimotoshoji)、など、いろいろなものもレンタルできるようですが、レンタルというのは、比較的短い期間、賃料をとって商品を貸し出すサービスであり、通常、貸し出す商品は、レンタル業者の倉庫にあるものが対象という事らしいです。

参考 レンタルとは何?Weblio辞書

カリトケ君

ざっくり言えば、中古品を短期間貸し出すのがレンタルのようです。

また、レンタルは、商品の貸し出し料なので、レンタル料が有効なのは、レンタル品の貸し出しから返却までの期間という事になります。

例えば、レンタルビデオである作品を借りたとします。

その商品が、7泊8日だったとして、1日で返却しても、残り6日を別の作品を借りるという事は出来ません。

別の作品を借りる時は、また別料金が発生します。

それは、レンタル料があくまでも商品に対するものだからです。

サブスクリプションとは?

レンタルに対し、サブスクリプションというのは、元々英語で、「定期購読」を意味していたもので、そこから転じて、今は、「有限期間の使用許可」という意味で使われているようです。

参考 サブスクリプション方式Wikipedia

サブスクリプションは、物に対しての料金ではなく、あくまでもサービスの期間貸しです。

例えば、カラオケの場合、時間内であれば、何曲歌っても、1曲も歌わなくても、料金は一切変わりません。

それは、カラオケが、カラオケボックスというサービスの時間貸しだからです。

リースとは?

レンタルが「比較的短い期間」と言われるのに対し、長めの期間、商品を貸し出すサービスをリースと言います。

また、レンタルは、レンタル業者の倉庫にあるものが対象なのに対し、リースは新品を貸し出すのが普通です。

参考 リースとは何?Weblio辞書

カーレンタルの場合、借りられる車は、もしかしたら元々は新品かもしれませんが、カーレンタル業者が確保している車ですから、借りる人は新品をレンタルする訳ではありません。

また、貸出期間も、1日とか2日という単位です。

一方、カーリースの場合は、借りられる車は新品で、かつ、3年や5年など、長期にわたって借りる事になります。

KARITOKE(カリトケ)はレンタル?サブスクリプション?

では、いよいよKARITOKE(カリトケ)がレンタルなのか、サブスクリプションなのか、それとも、リースなのか、見ていく事にしましょう。

公式サイトには「レンタル」と記載されている

そもそもですが、KARITTOKE(カリトケ)の公式サイトには、「WATCH RENTAL SERVICE」、「時計をレンタルする」と記載されています。

KARITOKE(カリトケ)公式サイトのトップ画面

KARITOKE(カリトケ)公式サイトのトップ画面

 

KARITOKE(カリトケ)公式サイトのメニュー画面

KARITOKE(カリトケ)公式サイトのメニュー画面

カリトケ君

公式サイトにレンタルと書いてあるんならレンタルでしょ!

KARITOKE(カリトケ)で貸し出している商品は新品ではないので、リースではありません。

1か月単位という期間が長いか短いかは置いておいて、店内の在庫商品の貸し出しという意味でも、リースではありません。

ということで、やはりKARITOKE(カリトケ)はレンタルなのでしょうか?

KARITOKE(カリトケ)は月1回なら時計を交換できる。

KARITOKE(カリトケ)は公式サイトにも記載されているように、月に1回であれば、時計を交換できます。

その際に、別の時計を借りるからと言って、月額料金が新たに開始される訳ではありません。

既に支払っている月額料金の範囲での交換として、別途料金がかかったりはしません。

これがレンタルDVDサービスの考え方であれば、1回返却した段階で支払った料金のサービスは終了し、次の時計を借りた時点で、また別途料金がかかるわけです。

しかし、KARITOKE(カリトケ)はこれがかかりません。

つまり、KARITOKE(カリトケ)はサブスクリプション方式にあてはまっているのです。

まとめ

結局のところ、KARITOKE(カリトケ)がレンタルサービスなのか、サブスクリプションサービスなのかは、微妙なところと言えそうです。

なので、KARITOKE(カリトケ)はレンタルと言ってもいいし、サブスクリプションと言ってもいいし、どちらでもいいのかもしれません。

というか、公式サイトがレンタルサービスと書いている以上、それはもはやレンタルサービスなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です